住まいも 長生きする国へ 住まいの健康診断「インスペクション」

住まいも 長生きする国へ

住まいの健康診断「インスペクション」

社会がモノを単に消費する「消費型」から、価値あるものを再利用する「循環型」へと移行しているなか、中古マンションに修繕再生工事を施して売買される「リノベーションマンション」に注目が集まっています。ただ、一般消費者にとって中古マンションは、高額な買い物であるのに、品質面でのリスク把握が難しいと感じ、購入の際の障壁となることもあるのでは…。

見えない不安を解消!インスペクションとは?

このような消費者の不安を解消する方法として、「インスペクション(建物状況調査)」があります。インスペクションとは、一般消費者には見えにくい構造上の耐久性や劣化状況などについて、インスペクター(建物診断の専門家)が調査を行い診断する専門業務です。いわば、建物の“健康診断”。診断結果を受けて、悪いところに適切な修繕を行うことができ、健康な建物を維持することにつながります。また、購入前に専門家の診断結果や修繕履歴が確認できることで、購入時の不安解消にもつながります。

大京グループの「インスペクション」

大京グループの「インスペクション」

中古マンションのリノベーションに積極的に取り組んでいる大京グループでは、建物の健康維持を促す、「インスペクション」の専門部署を新設しました。そして、2018年4月より、首都圏において、株式会社大京穴吹不動産が取り扱う中古マンションのインスペクションを実施します。

大京グループでは、グループ内で「インスペクション」を積極的に推進し、建物の健康維持を促すことでより安心できる質の高い中古住宅取引を実現させます。そして、現在の日本が必要としている「ストック型社会」の実現に取り組んでまいります。


大京グループについて知る

MENU

ページTOP