住まいも 長生きする国へ 大京グループの総合力で実現する「1棟まるごとリノベーション」

住まいも 長生きする国へ

大京グループの総合力で実現する「1棟まるごとリノベーション」

良いものを大事にし、手を入れて次世代へ繋いでいくためのリノベーション。
欧米では、住まいが何世代にもわたり引き継がれていくのは一般的です。日本はこれまで新築志向が強い傾向にあったこともあり、中古物件リノベーションの数もその認知度もまだまだ低いのが現実です。しかし、社会がモノを単に大量消費する「消費型」から、価値あるものを“シェア(共有)”し“リユース(再利用)”する「循環型」へと移り変わりつつある今、リノベーションへの注目度も高まり、新たな魅力も生まれています。

マンション革新。安心感を実現するトータルリノベーション

マンション革新。安心感を実現するトータルリノベーション

中古物件の再生は、今ある建物を有効活用するため、新築に比べるととても経済的。さらに、資源の消費や、解体や建設工事で排出されるCO2も抑えられるので、環境にも優しいという利点もあります。しかし、日本ではリノベーション住宅の認知度が低いため、「興味はあるけれど、不安や心配もある…」というお客さまの声も。そこで、大京グループでは、厳選した中古マンションを1棟買い取り、室内(専有部)だけでなく、エントランスや外壁、外構等の共用部まで大規模修繕工事を行い、新たな価値を付加する「トータルリノベーション」を提供しています。

大京グループの総力を結集して挑む「グランディーノ」

「グランディーノ」は、大京穴吹不動産が「立地」と「建物」にこだわり厳選した既存建物に、大京穴吹建設が大規模修繕・共用部バリューアップ工事を施し、1棟まるごと再生。大京グループのマンション事業に関わるさまざまなノウハウと豊富な経験を生かして実現した「1棟トータルリノベーション」マンションブランドです。2017年11月には「グランディーノ」ブランドとして全国で4棟目となる、「グランディーノ駒込」が誕生しました。

住まいも 長生きする国へ

人口減少時代を迎えている日本で、増え続けている中古住宅。今あるものを大切にし、まだまだ使える中古住宅を生かすことで、経済的なゆとりを生み出し、無駄を省き、環境負荷を軽減することにもつながります。リノベーションで住まいを長生きさせることは、現代の日本が必要としている、価値あるものを創造し長く大切に使っていく「ストック型社会」のあるべき姿だと考えます。

大京穴吹不動産では、上記に紹介した1棟トータルリノベーションマンション「グランディーノ」の他に、業界トップクラスの販売戸数を誇るリノベーションマンション「Renoα(リノアルファ)」も展開。さらに、リノベーション戸建て「Reno Terrace(リノテラス)」と合わせ、今後もリノベーション住宅事業の拡大に注力してまいります。


大京グループについて知る

MENU

ページTOP