住まいも 長生きする国へ マンション管理にAIを。先進的なサービス提案で「2018年度グッドデザイン賞」受賞

住まいも 長生きする国へ

マンション管理にAIを。先進的なサービス提案で「2018年度グッドデザイン賞」受賞

近年、ライフスタイルの多様化によりマンションに住む人たちの在宅時間が変化し、「管理員と会う機会が少なくて不便」という声も。また、管理会社から発信する情報は、主に掲示板で伝えられますが、「情報が整理されておらず読みづらい」ことや「情報が一方通行で居住者として意見を言いづらい」といった課題がありました。

そこで大京グループでは、AIやICTを活用することで、これらの問題を解決する先進的なマンション管理システムである「AI INFO(エーアイ インフォ)」を開発しました。そして、この取り組みが高く評価され、この度「2018年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

ニーズに応じた情報をタイムリーに取得可能に!

「AI INFO(エーアイ インフォ)」とは、AIやICTを活用して、共用部にあるディスプレイやスマートフォンアプリに情報を掲示するマンション管理システムです。

これまで行われてきた管理会社の管理方法を踏襲するのではなく、居住者の多様化した暮らしやニーズなど、利用者にとってあるべきマンション管理とは何かを追求することで開発されました。このシステムを通じて「生活に必要な情報を知ることができる」「知りたいことがすぐにわかる」「情報が整理されていて理解しやすい」など、居住者にとってストレスなく便利で快適な暮らしの提供を目指しています。

AI INFO(エーアイ インフォ)の主な機能1
AI INFO(エーアイ インフォ)の主な機能2

AI INFO(エーアイ インフォ)の主な機能(開発予定のものを含む。)

  • 管理組合や管理会社からのお知らせだけでなく、地域のイベント情報、周辺店舗の特売情報といった生活に密着した役に立つ情報を掲示することができる。
  • 共用施設の予約、マンション内でのペット飼育に関する届け出など、必要書類を管理組合に提出することができる。
  • ハウスクリーニング申込、リフォーム相談など、住関連サービスの問い合わせができる。
  • 情報のデジタル化により新着情報を整理して表示するなど、分かりやすく情報を提供できる。
  • スマホアプリを利用することで、居住者はいつでもどこでも管理情報を確認することができる。
  • AIを搭載することで音声対話が可能になり、管理員不在時でもタイムリーにマンション管理の情報を居住者に提供することができる。

先進テクノロジー活用で、住まいも 長生きする国へ。

グッドデザイン賞の選考では、従来の掲示板のような一方的な情報発信や、管理員の限定された勤務形態による居住者とのコミュニケーションの問題をスマホアプリや音声対話により改善した点が評価され、受賞にいたりました。今や、このような改善には、先進的なテクノロジーの活用はなくてはならないものになっています。

大京グループでは、今後も先進的テクノロジーの活用に対して積極的に取り組み実用化していくことで、マンションにお住まいの皆さまの暮らしが、快適で幸せなものになるように努力していきます。


大京グループについて知る

MENU

ページTOP