印刷ページ

トップメッセージ

中期経営計画の初年度となる当期は、期初に掲げた利益計画を上回る業績を挙げ、順調なスタートを切ることができました。

次期の連結業績は増収減益を見込んでおりますが、これは主に三大都市圏における新築マンションの市況を勘案し、その事業ボリュームをコントロールしたことよって、不動産開発事業を減収減益の計画としたことに起因するものです。なお、新築マンションにつきましては、2019年3月期にV字回復を実現すべく、全国エリアでリスク分散が可能な当社グループの優位性を活かし、現在地方中核都市において用地仕入を着実に進めております。一方、収益のベースとなる不動産管理事業、また今後の更なる成長を見込む不動産流通事業につきましては、それぞれ増収増益の計画です。

我々はグループの力を合わせ、その強みを最大限に活用することで持続的な成長を実現するとともに、中期経営計画に掲げた目標達成に向けて、すべての役職員が一丸となって邁進してまいります。

株主の皆さまにおかれましては、なお一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

写真

2017年6月
代表執行役社長

山口陽