印刷ページ

大京グループのこれから

大京グループの事業編成推移

大京グループの事業展開は時代とともに変化してまいりました。

過去

・マンション分譲を行う不動産開発事業を主軸とした事業が中心

・景気の変動を受けやすい不動産開発を主軸とした収益構造から抜本的な見直しを図る取り組みを実施

・マンション分譲事業の効率性と収益性を高める一方、業界他社に先駆けて、不動産開発事業中心の収益構造を転換し、不動産管理・流通事業の規模拡大を図る

現在

堅実性・継続性を重視した経営方針のもと、
不動産管理・流通事業と、不動産開発事業の両輪経営を確立

大京グループの強み

強固な財務基盤

豊富な顧客基盤

全国ネットの事業基盤

お客さまのライフサイクルをサポートするグループ一体のライフタイムリレーションシステム

当社グループは次のステージに進むべく、2017年3月期から2021年3月期にわたる中期経営計画を策定いたしました。

中期経営計画

Make NEW VALUE 2021 〜不動産ソリューションによる新・価値創造〜

目指す姿

「ストック型社会の実現に向け、不動産ソリューションで新たな価値を創造し、次世代に継承される社会の資産を蓄積する」ことを目指します。

基本方針

1 不動産管理事業(50%)、不動産流通事業+不動産開発事業(50%)の収益バランスを維持しつつ、「堅実性」と「持続的成長」を両立させた経営に取り組みます。

2 「全国ネットの事業基盤」「ライフタイム・リレーションシステム」「地域密着かつ長期の顧客接点」の強みに磨きをかけ、不動産ソリューションで社会課題の解決とお客さまニーズの具現化に取り組みます。

3 持続的成長に向けた「新規投資」と「株主還元」を両立し、企業価値の更なる向上に取り組みます。

※「お客さまのライフサイクルをサポートする」グループ一体のワンストップ・サービス体制<開発⇒施工⇒販売⇒建物管理+居住者サービス⇒売買仲介・賃貸⇒リフォーム⇒建替え・再開発>

キーメッセージ

日本のまちに、活力を。<Reプラス> real estate+ re solution

重点テーマ

マンション修繕工事事業

2017年3月期より外部市場へ本格参入。
2021年3月期には修繕工事売上500億円、シェア10%へ。

リノベーション事業

戸建てリノベーション事業へ参入。
2021年3月期にリノベーション販売戸数2,500戸へ拡大。

リフォーム事業

個人向け住宅リフォームに加え、法人等が保有する社宅、賃貸マンション、ビル1棟リフォーム事業へ参入。

賃貸不動産事業

仕入れや賃貸管理など、グループリソースを活用した賃貸不動産事業を展開し、ストックの長期保有による安定基盤を構築。

再開発事業

地方中核都市を中心に、プロジェクトを進行中。
2021年3月期以降は毎期売上100億円規模を継続予定。
地権者様、行政と連結を図りながら、地域の課題を解決し、まち全体の資産価値の向上・持続的な活性化をサポート。

ICTの活用・海外展開

研究テーマは無人化と機械化、建物・設備の長寿命化。海外展開も視野にアライアンスや産学連携で研究・開発を推進。

定量目標

利益目標・指標

  2016年3月期 本計画(最終年度)
2021年3月期
営業利益 183億円 280億円以上
ROE 7.8% 9%以上

投資計画(2017年3月期から2021年3月期までの合計)

投資分野 投資金額(累計)
不動産投資 ・不動産開発および不動産流通事業に供するアセットの取得
・不動産賃貸事業に供するアセットの取得
1,000億円
戦略投資 ・マンション管理、ビル管理、戸建て仲介、修繕工事に関わるM&A等 500億円
研究開発投資 ・AIおよびIoT等を用いた遠隔化および無人化、機械化、建物の長寿命化の研究開発等
合 計 1,500億円

株主還元方針

「安定性」「継続性」「持続的な還元強化」を株主還元の基本方針といたします。

普通株式 2016年3月期 本計画期間
2017年3月期
年間配当金 3.0円 6.0円
配当性向 20.1% 36.2%

※2016年9月30日現在の発行済普通株式数(自己株式除く)840,049,866株に基づき算出したもので、2016年10月1日以降の自己株式取得の影響については考慮しておりません。