2020年10月14日
大京共同リリース
再開発商品・サービス

岐阜・高島屋南地区の再開発事業の高層分譲マンション
名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定

株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:小島 一雄)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:芳井 敬一)は、このたび、岐阜県岐阜市の「高島屋南地区第一種市街地再開発事業」において建築中の分譲マンション名称を「ライオンズ岐阜プレミストタワー35」に決定しましたのでお知らせします。

外観(イメージ)

外観(イメージ)

本事業は、柳ケ瀬商店街を含む中心市街地の活性化を目指して推進している再開発事業で、分譲マンションの開発を2社で推進しています。バス路線の大半が経由する柳ケ瀬の南玄関口に位置し、利便性の高いエリアです。再開発ビル「柳ケ瀬グラッスル35」は、商業施設、公益的施設、住宅、駐車場で構成され、賑わいの広場も整備される予定です。

本分譲マンションは、再開発ビルの5階から35階に位置します。岐阜県内で最大の総戸数335戸を有し、多様な世代の暮らしに合わせて約60タイプの間取りからご選択いただけます。最上階には、岐阜城、金華山、長良川を望む住戸を含め、100㎡超の6戸をご用意します。そのほか、共用施設として、スカイラウンジやゲストルームなども備えます。

2022年度の竣工を目指し、街のにぎわい創出とともに、地域に調和した快適な住まいをご提供してまいります。

「ライオンズマンション」総合情報サイト

Get Adobe reader

PDFの閲覧には Adobe Reader(日本語版)をご利用ください。

大京について知る

  • 数字で見る大京
  • 社会からの評価
  • CSR
  • サステナブル
  • ライオン像の秘密
  • 事業用地募集 大京は全国各地で事業用地を募集しています。
  • CRE戦略事業 新しい企業価値の創造

MENU

ページTOP