2020年10月30日
大京アステージ
商品・サービス

DXによるマンション居住者向け健康支援サービス
地域薬局と連携したAI搭載型健康管理アプリを試験導入

株式会社大京アステージ(本社:東京都渋谷区、社長:三宅 恒治)は、自社が開発・推進するデジタルトランスフォーメーション(DX)による“次世代型マンション管理サービス※1”の一環で、このたび、地域薬局との提携によるマンション居住者の健康支援サービスとしてAI搭載型健康管理アプリの試験導入を開始します。

既存管理マンション(神奈川県川崎市宮前区、約1,100世帯)を対象に導入し、本サービスの機能性やお客さまニーズを検証したうえで、本格展開を目指します。

次世代型マンション管理サービス「MiDD Project」

次世代型マンション管理サービス「MiDD Project」

使用イメージ

使用イメージ

本サービスでは、世界で約52万人が利用するH2 Inc.の健康生活サポートアプリ「シンクヘルス」の機能を活用します。「シンクヘルス」は、血糖値・血圧・体重などの測定データや、食事・運動・薬などの日常生活を記録し、AI(人工知能)の分析により生活習慣の自己管理に役立てるアプリで、国内では約12万人が利用しています。また、本件独自のサービスとして、アプリのチャット機能を活用した地域薬局の薬剤師による健康やダイエットに関する相談サービスを無料でご提供します。

当社は、高齢化等による生活習慣の改善や健康増進に関する居住者のニーズにお応えするとともに、今後も業界No.1※2のマンション管理戸数実績に基づく知見を生かし、サステナブルな住環境の創造に努めてまいります。

※1 2020年6月11日付プレスリリース「DXによる"次世代型マンション管理サービス"の開発に着手」参照
※2 大京アステージと穴吹コミュニティの合計で、9,640管理組合、538,333戸(2020年3月末時点)

大京アステージ

Get Adobe reader

PDFの閲覧には Adobe Reader(日本語版)をご利用ください。

大京について知る

  • 数字で見る大京
  • 社会からの評価
  • CSR
  • サステナブル
  • ライオン像の秘密
  • 事業用地募集 大京は全国各地で事業用地を募集しています。
  • CRE戦略事業 新しい企業価値の創造

MENU

ページTOP