2022年06月30日
大京
商品・サービス

関西初の「高層ZEH-M Ready」仕様、56%省エネのマンション
「ライオンズ千林大宮レジデンス」ギャラリーオープン

株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:深谷 敏成)は、2022年7月2日(土)より、大阪府大阪市で開発中の分譲マンション「ライオンズ千林大宮レジデンス」(地上15階建て、総戸数69戸)のマンションギャラリーを一般公開しますのでお知らせします。

外観(イメージ)

外観(イメージ)

エントランス(イメージ)

エントランス(イメージ)

本物件は、京阪本線「千林」駅徒歩4分、Osaka Metro谷町線「千林大宮」駅徒歩6分と2駅2路線が利用可能です。両駅からは、大阪三大商店街の一つ※1「千林商店街」や「今市商店街」にアーケードで直結しているため、通勤・通学やショッピングなど、雨でも傘を差さずに移動ができます。梅田エリアへ電車で直通12分など、都心部へのアクセスも快適です。
本物件の間取りは、2LDK・3LDK(65.81㎡~85.30㎡)、全7タイプを揃えます。1階には、屋外テラスや中庭とつながり、陽ざしと緑を感じられる開放的なラウンジを設けています。
また、関西の分譲マンションで初めて※2「高層ZEH-M Ready(ゼッチ・エム・レディ)」※3を取得しました。高断熱・高効率設備などを導入することに加え、太陽光発電によりエネルギーを創出し、住棟全体で一次エネルギー消費量を56%削減します。さらに、電気・ガスのエネルギー供給インフラが途絶しても一週間以上の生活持続が可能な大京オリジナルの防災システム「SONA-L SYSTEM(ソナエルシステム)」に、電気自動車を活用したV2X※4の技術を初めて融合しました。敷地内のカーシェアリング用電気自動車のバッテリーから、共用部の照明やエレベーターなどへの給電が可能で、災害時のレジリエンス※5をさらに強化します。

当社は、今後もお客さまのニーズにお応えする快適な住まいづくりに努めてまいります。

※1出典:「千林商店街」ホームページ
※2 株式会社大京調べ
※3 強化外皮基準や、再生可能エネルギーを含め一次エネルギー消費量を50%以上75%未満削減するなどの要件を満たした集合住宅のこと
※4 Vehicle to Xの略。自動車とさまざまなモノとの接続や相互連携を行う技術の総称
※5 災害時のリスクに対処し、被害を最小化する力

Get Adobe reader

PDFの閲覧には Adobe Reader(日本語版)をご利用ください。

大京について知る

  • 数字で見る大京
  • 社会からの評価
  • サステナブル
  • ライオン像の秘密
  • 事業用地募集 大京は全国各地で事業用地を募集しています。
  • CRE戦略事業 新しい企業価値の創造

MENU

ページTOP