• Top Page ⟩
  • 会社を知る ⟩
  • 経営理念

COMPANY

会社を知る

経営理念

経営理念
経営理念

現在、私たちを取り巻く社会・経済環境は大きく変貌しています。
少子高齢化とそれにともなう人口減少により、
建物の老朽化や空き家の増加が社会問題となっています。
私たちは、不動産開発・管理・流通の
ノウハウを活かし、不動産ソリューションで社会課題の解決を図ります。
そして、不動産ビジネスにおける総合力を向上させることで、
住生活環境の向上と、社会・経済の発展に貢献する企業を目指します。

日本の都市が抱える課題に、不動産ソリューションで応える。

 私たちは1968年のライオンズマンション販売開始以来、「ライオンズ」と「サーパス」の二つのブランドで累計45万戸以上※1のマンションを供給してきました。「全国ネットの事業基盤」、「開発・管理・仲介・工事のグループ一体体制」、「マンション53万世帯※2、ビル等施設6千件のお客さま」を強みにお客さまのライフサイクルをサポートしています。そして、これからの時代の変化を見据え、環境に配慮したサステナブル住宅の推進や、修繕工事事業、リノベーション事業、地方都市の再開発事業に注力。不動産ソリューションを通じて、日本の都市が抱える課題に向き合っていきます。私たちはこれまでの豊富な実績で培ったノウハウとグループの総合力を活かしながら、住宅等の社会インフラに新たな価値を創造し、次世代に継承される資産の蓄積に貢献できる企業を目指していきます。

※1:461,943戸 不動産経済研究所調べ(2018年12月末現在)のデータを基に算出

※2:536,533戸(2019月3月末時点)

不動産ビジネスにおける新たな領域へ挑む、開発事業

 地方都市の多くは駅前の空洞化、住宅密集地の災害対策などの課題を抱えており、新たな街づくりが求められています。私たちはマンション開発の経験を活かした再開発事業で地域の課題を解決し、街全体の資産価値の向上と活性化に貢献していきます。また、賃貸収入による安定した収益基盤を確保するため、仕入や賃貸管理のノウハウを活用できる賃貸不動産にも積極的に投資を行うなど、事業領域の拡大にも取り組んでいます。さらに、今後の海外展開を見据え、市場調査及び研究活動、人財の獲得・育成も推進していきます。

不動産ビジネスにおける領域を広げる開発事業

総合的に暮らしを見つめる管理事業へ

 多様化する、お客さまが抱える問題やニーズ。その中で、建物の清掃やメンテナンスといった共用部のサポートだけでは快適なマンションライフを実現させることはできません。そこで、お客さま同士のコミュニティ形成や、専有部の「お困りごと」を解決するライフサービス事業を強化。お客さまのすぐ近くにいる管理会社ならではの有益なサービスを企画・提案しています。日本一の管理実績※から培ったノウハウに加え、異業種企業との共同事業も積極的に推進してサービスを拡充し、お客さまのあらゆるライフステージをサポートしていきます。
※全国の総合管理受託戸数グループ別ランキングで(株)大京アステージ、(株)穴吹コミュニティの管理委託実績は第1位。マンション管理新聞(2019年5月25日発行)調べ(2019年3月末時点)

総合的に暮らしを見つめる管理事業へ

建物の価値や快適空間を創造する工事事業

 マンションの老朽化が進む中、修繕工事需要は年々増加しています。私たちはグループ力を掲げて提案するブランド「プラシディア」などの修繕工事を通じて、お客さまの安心・快適な暮らしを生涯に渡り、サポートしています。さらに、「土地と資産を有効活用したい」というニーズに応えるため、アパートやテナントビル、貸店舗などの企画・提案・施工も行っています。また、未来に向けて、産学連携や異業種企業と共同で行っている、ICT技術を活用した作業の遠隔化及び無人化、機械化、建物・設備の長寿命化などの研究や、省エネ、省コスト、省力化を追求したオプションメニューの開発にも取り組んでいます。

総合的に暮らしを見つめる管理事業へ

総合力を強みに展開する流通事業

 “ストック”と呼ばれる、現在も住居としての価値を持つ既存のマンションや一戸建ての数が今後一層増えると予測されており、このストック住宅を資産活用する「流通市場」の拡大が見込まれています。私たちは売買仲介や賃貸業務だけではなく、不動産のあらゆる事業領域に携わる総合力を活かし、マンションや一戸建てのリノベーション事業にも積極的に取り組んでいきます。さらに、3大都市圏で培ったノウハウを全国に展開。不動産投資による資産の有効活用など、より多くのお客さまへ「より価値を高めるご提案 」を行い、生活環境の向上を目指していきたいと考えています。

グループ力を強みに展開する流通・賃貸事業