• Top Page ⟩
  • 会社を知る ⟩
  • 福利厚生:健康経営に対する姿勢

COMPANY

会社を知る

福利厚生

福利厚生

社員や家族が「安心して長く働ける会社」
「誇りを持てる働きがいのある職場」を目指し、
“働き方改革”の一層の推進を行っています。

社員が健康で安全に働ける職場をつくるために

私たちは、「社員・家族が誇りを持てる職場をつくる」ことを経営姿勢として掲げています。社員が健康で安全に働けることは全ての基本であり、社員の健康は一人ひとりの生活の基盤であるだけでなく、永続的に発展していく上で大切な「財産」であるという考えから、共に働く喜びを分かち合い、互いを尊重しながら、社員一人ひとりが成長して満足できる職場をつくっていくために、大京ユニット人事部と健康保険組合が中心となって社員の健康増進や制度の拡充に取り組んでいます。

健康課題への包括的なアプローチ

「BMI 改善支援プログラム」以外に、長時間労働の撲滅やメンタルヘルス不調の未然予防、禁煙対策の他、健康増進のためのクラブ活動支援など、自社の健康課題を把握し、健康課題に関して包括的に取り組んでいます。

具体的な施策例

長時間労働の抑止策

  • ノー残業デーの実施
  • 長時間労働状況を常務会にて定期的に報告

ストレスチェックなど、心と体の不調の未然・予防策

  • 現在の業務の状況や自身が思う適性、将来の希望業務の他、自身・家族の健康状態や住まいの状況などを申告する自己申告制度を年2回実施
  • 社員の皆さんが心の健康にも興味を持ち、ストレスに「気づく」「備える」「相談する」という好循環を定着させ、より働き甲斐のある職場環境を醸成したいとの思いからストレスチェックを法施行前の2015年8月より導入・実施
  • 社員とその家族も外部の臨床心理士等とのカウンセリングが利用できるなどのサポート体制を構築

電話相談窓口の設置(産業カウンセラーによるケア)

より働きやすい職場の実現を目指して、職場に起因する悩みや相談ごとを社外の産業カウンセラーに話せる電話相談窓口を設置

禁煙対策

  • 全国約400拠点の全事業所において「紙巻きたばこ」全面禁煙を導入
  • 世界禁煙デー(毎年5月31日)に合わせた「禁煙週間」を設定
  • 毎月22日は、就業時間内に事務所での喫煙を禁止する「スワン・スワン(吸わん・吸わん)デー」(禁煙デー)の実施
  • 自ら禁煙を希望する社員への支援として、禁煙外来治療費を10,000円まで補助(2016年度より)
がん治療と仕事の両立支援
2016年、株式会社大京は、東京都が主催する「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」において、不動産業界初「優良賞」を受賞しました。がん治療支援のための休暇制度を整備するほか、直接社員からの意見や要望を把握しやすい体制を構築するなど、治療と仕事の両立に向けた取組が評価されたと思います。今後もより一層、治療と仕事の両立に向けた、働き甲斐のある職場、働きやすい環境の醸成を目指しています。
cancer
workcircle_logo

株式会社大京が承認を受けた「『がん治療と仕事の両立』東京都ワークサークルプロジェクトロゴマーク

2020年1月現在